トランスメディア提供アイコン01 <   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 季節感台無し。


ブログの背景を変えたいな~と思って、excite 内を探していたら何だか素敵な感じの背景を見つけたので早速変えてみた。






季節感無さ過ぎる…。





もう4月も終わりだよ!すっかり葉桜だよ!あたり一面、緑色だよ!!





ふぁ~、2ヶ月くらい前に気がついていれば
2ヶ月くらいこの背景を使用していたのに!!

一週間位したらまた変えます…。
何かいい背景ないかな…。自分で作るとか…。いや、無理。
そんな暇あったら絵でも描きたいわ。う~ん…。

by senkix10 | 2008-04-28 21:00 | 日記 (411)

トランスメディア提供アイコン01 伊豆日記


もうすぐ連休です。私の勤め先はカレンダー通りの飛び石連休です。おまけに5月10日の土曜日は出勤日というおまけ付き。アハハ。



今週は疲れました。というのも19日・20日と会社の研修…とまではいかないか…。労働組合の企画したグループ会社の交流会に参加してきたからです。もちろん自ら進んで参加したわけではなく、気がついたら参加者名簿に名前が書かれていたわけです。

先輩>「4月19日・20日って何か予定ある?」
私>「いえ、別に…」
先輩>「よっし、じゃあOKだな」
私>「はぁ、OKですね…(何が?)」


数日経ったら、メールで開催案内とか参加者名簿とか配信されてきました。
うん、我ながら見事な流されっぷりだ。
(ちなみにその先輩は参加してません。何だよコノヤロー!)


まあ、結果的に楽しかったからいいんですけどね。交通費・宿泊費なんかは組合の費用で賄ってくれたし。宿も想像以上にキレイだったし、食事も美味しかったし、海を見られたし、(海を見ただけで興奮する、海なし県在住のバカヤローです)



やったことといえば、グループに分かれての共同作業でした。初対面の方々6~7人で一つのグループ。グループ討議とか、限られた情報の中で皆で協力して正しい答えを導き出せ!とか、そんな感じ。なんか就職活動時に散々こういったことやったな~と懐かしくなりました。



まあ、そんな内容はどうでもいいですね。ちょっとしたドッキリエピソードなんかを綴ってみます。(エー)
温泉に入ってのんびりしていました。露天風呂に入ってのんびりしていました。二次会も終わって、やっと心も落ち着いての~んびりしていました。月がきれいでした。お月様が見てる…なんてバカなことを考えていたら突然非常ベルが鳴り響きました。ジリリリリー!ジリリリリー!本館二階で火災が発生いたしました。本館二階で火災が発生しました。ジリリリリー!ジリリリリリー!





誰も信じないの。





まあ、私も半信半疑だったんですが。本当だったらタオル一枚で駆け出さなきゃいけないのかな~とか、温泉があるから浴槽の中に居れば安全とか、訳わかんないことを話しながら、半信半疑でのんびりしていました。あ~、月がきれいだな~。





幸いなコトに結局、誤報でした。





二次会で飲みすぎた誰かが間違えて押したのかね~?なんて話しながら部屋に帰ると、自分たちの部屋の前に旅館の偉そうな方々や組合員の偉そうな方々が論議をしておりました。どうやら自分たちが泊まっていた部屋から火災反応が出ていたみたい。エエー。





幸いなコトに何もありませんでした。
私たちは何事も無かったかのようにグッスリと眠りました。





まあ、日記に書いておきたい出来事はそれくらいですかね。結局なんだったんだろう?ただの誤報ならそれでいいのですが…。





折角、伊豆までいったのだから遊んで帰りたかったですがそんなことは出来ません。組合のお金の旅行ですし。帰りの新幹線の時間もありますし。今度ゆっくり行きたいです。




思い返すと修学旅行みたいでした。(今までの流れでそうなるの!?)




いや、スケジュールがきっちり決まってるし。その通りに行動しないといけない団体行動旅行って久しぶりだったな~って。修学旅行と違うのは帰宅した次の日が月曜日で出勤日だってことですかね。一緒に参加した人たちの半分くらいが月曜日に有給とっていて愕然としたとかしないとか…。



携帯で写真も何枚か撮ったのですが、一目見て「これは間違いなく伊豆!」っていう伊豆感いっぱいの写真はないので部屋から見た景色でも載せておきますね。ペタリ。







e0087699_20564847.jpg

by senkix10 | 2008-04-25 20:55 | 日記 (411)

トランスメディア提供アイコン01 遊びじゃないよ、仕事だよ。


伊豆に来ています。














いや、嘘じゃなくて。エイプリルフールの嘘じゃなくて。(誰もそんなこと考えてないっての)





確かに今はエイプリルですけど。確かに私はフールですけど。(改めて確認することでもないっての)





以上、突然の話ですがネタがあったのでとりあえず日記を更新したバカヤローでした。土曜・日曜なのに早起きしなければならないのが、ちょっと…(汗)、な、ネボスケヤローでした。

by senkix10 | 2008-04-20 00:28 | 日記 (411)

トランスメディア提供アイコン01 ただのフールです。


今日はエイプリルフールですね。













ごめんなさい。ウソつきました。







エイプリルフールでもなんでもないのにウソをついた私はバカヤローですか。そうですか。ウソツキですか。そうですね。全く持ってそのとおりですね。はい、申し訳ないです。





申し訳ないといえば、最近めっきり日記も更新していませんでした。それは別にいいんですがね。私のブログだし。別に毎日書かなきゃいけないって訳でもないし…。もともと更新頻度は遅いし…。はぁ~・・・。




申し訳ないのはコメントほったらかしな件です。本当に申し訳ない。時間が経ってしまったせいでコメントいただいた時と状況が変わっていたりすることもあり、申し訳なさ倍増となってしまいましたが、今更どうしようもありません。時間は戻らないですしね。言い訳ですか。そうですね。全く持って申し訳ないです。




あっ、そうそう。昨年の冬コミでの新刊購入特典として配布された神無月小冊子も希望者の方々に続々届いているようですね。もう本当に介錯先生の対応には心を打たれっぱなしです。ああ、「神無月の巫女」を好きでよかった。「神無月の巫女」が製作者様にとっても愛され続けていることを心から嬉しく思います。



で、小冊子の感想や要望も介錯先生の元に続々届いているようですね。確かに放送終了後に反響が多ければその後の展開も色々と実現できた可能性は高いと思います。そう思うとなんだか勿体ないような気分になりますね…。
ただ本当に良い作品というものは終了後何年経っても評価されるものなんだと改めて痛感いたしました。むしろ終了後何年も経っているのにそれだけの反響がくることに驚きました。失礼を承知で書かせていただきますと放映当時、知名度的にけして高い作品ではなかったと思います。それが今回のような結果に結びつくということは、作品を視聴なさった方々の口コミですとか、時代の流れですとか、色々なものが作用しているような、そんなことですかね?時代の流れといえば『神無月の巫女』が、以降の作品になんらかの影響を与えたというのは考えすぎでしょうか?少なくとも私は衝撃を受けました。いい意味でも悪い意味でも。
まあ、そんなこと私が考えても仕方ない。つまりは良い作品は何年経っても良いというか…、あれ、なんだか話が前に進んでいないような…?(汗)


私の中では過去の作品でありながらも、現在進行形なのですが、神無ズキーになってからそんなに時間が経過してしまったのかと思うと信じられません。
それに、おそらく今後ずっと好きであり続けるであろう作品です。少なくとも忘れることはできません。この作品には今まで経験したことがないものを沢山いただいてしまいましたから。あれ、なんだか話がよくわからない方向に進んでいる気が…?(汗)



小冊子の話に戻ります。もちろん神無ズキーのお仲間が沢山いらっしゃるということでそれだけで幸せな気持ちです。でも本当の本当のこと書いてしまうとちょっと悔しい。


「神無月の巫女」が沢山の方々に評価されているのをみるとすごく嬉しくて、でもちょっと寂しい。みっともないですが、どうしようもない独占欲みたいなものです。ちょっと悔しい。


悔しいといえば、小冊子が送料のみで手に入った状況(2008年3月某日~4月某日)もちょっと悔しい。「私、これを手に入れるために結構苦労したんですけど~!!」と、叫びたい。叫べないからこんなところに書いてしまいました。いいんですけどね。あれもこれもそれも、みんなまとめていい思い出ですよ。もう目的は達して帰宅するだけなのに会場の雰囲気に流されて…、今しか入手できないんじゃないかという思いに駆られて…、思わず同じ列に二回並んでしまったのもいい思い出ですよ。(帰宅してから一冊妹にあげました…)
なんてったって感動に打ち震えながら年越ししちゃいましたもんね。アハハ。


まあ、そんなこんなで入手した小冊子ですので大切にしたいと思います。いや、してますよ。公式HPから入手した方々が、「ああ、年末の予定をすっぽかしてビックサイトに向かったバカヤローもいるんだなぁ~。介錯先生を信じて待っていてよかった」と、思ってくださると非常に幸いです。(本当かよ)



介錯先生の元に届いた感想・要望メールが非常に読んでみたいセンキでした。





追記:
そんな私は感想送っていません。申し訳ない。だって気持ちがまとまらなくて…。というか、要望が多すぎてまとまらなくて…。というか、まだ受付しているのだったら○冊目の小冊子を希望してもいいかな~と、思っていたら妹に真面目な顔で止められたのでなんとか踏みとどまっている間に小冊子の募集が終了していて、もう悩まなくて済んだセンキでした。

by senkix10 | 2008-04-17 00:14 | 日記 (411)


カウンター